▼ HOME

 ▼ 規 約

 ▼ 役 員

 ▼ 活動歴

 ▼ カレンダー

 ▼ 事務局

JAMI Kansai

  規 約

日本医療情報学会関西支部会 規約



第一章  総則

(名称)
第1条  本支部会は「日本医療情報学会関西支部会(英文名称は、Kansai Branch of Japan Association
     for Medical Informatics)」と称する

(所在地)
第2条  本支部会は事務局を 〒565-0871 吹田市山田丘2-2 大阪大学大学院 医学研究科 医療情報学
     に置く

(目的)
第3条  本支部会は日本医療情報学会の目的に賛同し、医療情報学に関する研究・教育、技術向上その他
     社会応用の推進のために、会員相互の交流と活性化を図り医学及び医療の進歩向上に貢献するこ
     とを目的とし、その目的を達成するため次の事業を行う

(活動の内容)
第4条  本支部会は目的の達成のために次の事業を行う
      ・各種研究会・講演会等の学術集会の開催
      ・他団体の活動の共催・後援
      ・有益情報の提供

(活動の範囲)
第5条  本支部会の行う活動の対象範囲は、関西圏(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、三重県)
     とする


第二章  会員

(会員)
第6条  本支部会の会員は次のとおりとする
      ・日本医療情報学会会員で、本支部の主旨に賛同し、活動などに協力できる関西圏に在住する
       個人及び団体、その他支部長が認める者とする

(会費)
第7条  年会費はこれを徴収しない

(入会の手続き)
第8条  第5条の関西圏に在住する日本医療情報会員は自動的に支部会会員と見なす。その他の人で、特
     に本支部会への入会を希望する者は、事務局に通知する

(会員の権利)
第9条  会員は本支部会のメーリングリストに登録され、各種活動の情報を得ることができる


(会員の義務)
第10条 会員は連絡先の変更が生じた場合は、すみやかに事務局に通知すること

(会員資格の喪失)
第11条 会員は次の場合に資格を喪失する
      ・ 会員が本支部会または日本医療情報学会を退会したとき、または死亡したとき
      ・ 本支部会が解散したとき
      ・ 本支部会の規約などに著しく違反したとき
     2 会員資格を喪失した時点で、その権利は失効し義務は免れる


第三章  支部長、役員及び幹事会

(支部長)
第12条 支部長は幹事会によって選出され、日本医療情報学会の理事会の承認を得た上で本支部会を代表
     する
     2 支部長は支部会の事業執行に関わる総括責任を負うものとする
     3 支部長の任期は就任する事業年度内とする。基本的には通算3年を限度とするが、再任を妨
       げない

(役員)
第13条 本支部会には2名以内の副支部会長、ならびに数名の幹事から成る幹事会を置くことができる

(幹事会)
第14条 幹事会は、本支部会の運営の基本的な方針や必要事項などを決定し監督する
     2  幹事会の構成員は、支部長が指名する
     3  幹事会は必要に応じて随時会合を開催する
     4  幹事会は本支部会の活動に関して、連帯して責任を負う


第四章  事務局

(事務局)
第15条 事務局は支部会長が統括する

(事務局)
第16条 本支部会の日常業務は支部長と事務局で行う
     2  事務局は事務局スタッフで構成される
     3  事務局は会議の討議内容や決定事項は、メーリングリストなどで幹事に通知する


第五章  資産及び会計

(資産の構成)
第17条 本支部会の資産は次のようになっている
      ・ 日本医療情報学会からの助成金
      ・ 主催行事の参加費
      ・ 寄付金品
      ・ 事業収入
      ・ その他の収入

(会計年度)
第18条 本支部会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする
     2  支部長は本支部会の経理処理に責任を負うものとする
     3  本支部会の年度予算は支部長が立案し、幹事会の承認を得て定める
     4  3項で承認された年度予算は、日本医療情報学会理事会の議を経て決定する
        但し、予算が可決されるまでは前度の予算を基準として執行する
     5  決算は当該年度末に幹事会の承認を得なければならない
     6  支部長は5項で承認され、会計年度内にすべての処理を終えた決算を日本医療情報学会に
        報告する。事務局は経理処理ならびに会計監査に必要なすべての書類を整え、日本医療情
        報学会事務局が定めた日までに同事務局に提出するものとする


第六章  規約の変更及び解散

(規約の変更)
第19条 この規約の変更は幹事会の3分の2以上の賛成を必要とする

(解散及び残余財産の処分)
第20条 本支部会の解散は幹事会の4分の3以上の賛成を必要とする
     2  残余財産の処分は幹事会によって決定する

(付則)
     1 この規約は2006年6月10日から施行する
     2 本支部会の会計年度はこの定めにかかわらず、毎年4月1日から翌年3月31日までとする


Copyright(c)2006-2017 JAMI-KANSAI. All rights reserved.